受験勉強は記憶することが重要

受験勉強は記憶することが重要

大学受験や高認(大検)の勉強で
最も重要なのは記憶することです。
勉強前と比較して「試験に出る知識」が
どれだけ増えたのかが重要なのです。

すごく当たり前のことを書いていますが、
このことを意識して勉強している人は
案外少ないように思います。

もし、あなたがこれを理解しているなら、
既に良い点をとっているか
成績が急上昇している最中でしょう。

でも、もしそうでないならば、
心に留めておいて下さい。

受験勉強で大切なのは、
記憶することなのです。

私もこれに気がつくまでは、
問題集を解くことが勉強だと思っていました。

でも、問題集を解くことは勉強ではありません。
勉強するための準備です。 
間違えたことを記憶して
初めて勉強となるのです。

本番の試験では、
参考書を読んだ回数や
解いた問題集の数を評価してくれません。

知っているか知っていないか
それだけで合否が決まります。

だから、毎日の勉強では、
「知っていること」を増やすことに
焦点を置かなくてはなりません。
このため、
参考書は「覚えよう」という
意識を持って読む必要がありますし、
問題集も答えあわせをするだけでなく、
間違えた箇所をその場で正しく記憶することが大切です。
もし、あなたが伸び悩んでいるのであれば、
勉強中や勉強をした後に、
「知識が増えたか」
「その知識を記憶したか」を
問う習慣をつけると良いでしょう。

その後の結果が大きく変わると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告