スランプの克服

スランプ

晩秋にスランプが訪れました。現役生が急激に伸びてくることを知っていたため、こうなることは予想はしていましたが、辛い時期だったことを覚えています。

スランプの克服

管理人が大学に受かるまで目次

夏休みが終わり、勉強の成果が現れてきました。
苦手だった英語も国語も
10月には偏差値70を超えるようになっていました。
あとは、日本史のレベルを上げるだけです。

全て計画通りに進んでいるように思えました。

が、入試も近づいた11月のマーク模試で
英語の偏差値が50台、
国語にいたっては40台まで落ちてしまったのです。

体調がボロボロになってきたこと、
追い込みをかけてきた現役生が伸びてきたこと、
成績が伸びてきた自分に慢心していたこと等、
色んな理由が頭に浮かびました。

とにかく、目前に近づいていた合格が急に見えなくなったのです。
なんとかしなければなりません。

今までの努力は何だったのだろうと
腹が立ちましたし落ち込みもしました。

でも、私にはそんな気分に浸る暇がありませんでした。
合格するには、とにかくやるしかなかったからです。

そこで、行ったのは原因の分析です。

まず、気づいたのは
「実力は落ちていないが、それが得点力に結びついていない」ということです。

では、なぜ得点に結びついていないか?
それは、次の2つの理由であることがわかりました。

・時間不足
・選択肢の落とし方に一定ルールを持っていない

課題がわかれば対策をとるだけです。
私は、次のようなことを行いました

(1)あらかじめ設問ごとの時間配分を決めておく
(2)英文を「返り読み」せずに「先頭から読み下していく」方法の習得

(3)英語と国語に「パラグラフリーディング」を使う
(4)選択肢の研究 
(5)選択肢だけで解答を出す方法を習得する

こうして、完全ではないながらも
スランプを克服することができました。

ここで強調したいのは、
「スランプは誰にでもある」ことと、
「決してあきらめてはならない」という事です。

もし、今あきらめたら、
ここまでの努力が勿体ないじゃないですか。
それに、これまで努力してきた自分に失礼です。

落ち込んでいる時間があるのなら
成績が落ちた原因を考えましょう。
そして、それがわかれば徹底的にツブしていくだけです。

最後に、私が落ち込んだ気持ちへ対処する時の方法をご紹介します。

それは、「落ち込んだ気持ち」を別の人間の感情だと思って無視し、
「できると思う気持ち」を自分の本当の感情だと信じることです。

いよいよ入試の本番を迎えました。

続きを読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告