受験勉強計画の立て方

大学受験には暗記型科目と理解型科目があります。勉強計画はこの2つを分けて考える必要があります。

大学受験 高校中退から早稲田へ

受験勉強計画の立て方

受験科目には、「暗記型の科目」(日本史、生物等)と「理解型の科目」(英語や国語、数学等)の2種類があります。

 知識がゼロでも「暗記型の科目」は、単純に暗記をしていくだけ良いので、勉強結果を簡単に得点に結びつけることができます。

 問題は、「理解型の科目」です。 理解型科目は勉強した結果が得点に反映するのに下記2段階を必要とするため、「暗記型の科目」と比べ、勉強した結果が得点に反映されるのに時間がかかります。
・ステップ1:考えるための知識(文法や公式、基本的な問題の解法パターン等)
・ステップ2:問題で上記知識をいかに運用するか

 普通の受験生は、通常ステップ2からスタートしますが、勉強が苦手な人とゼロから勉強を始める人は、ステップ1からスタートすることになります。
ところが、実はステップ1の中で下記のようにさらに2つにわかれるのです。
・第一段階:知識ゼロ ←ゼロから始める人はここからスタート
・第二段階:整理されていないが知識はある ←勉強の苦手な高校生はここからスタート
 このように、勉強の苦手な人とゼロから勉強始める人で、たとえ見かけ上の成績が同じであっても大きな差があります。

 ですから、合格体験記等で「自分はおちこぼれだったけど、半年間猛勉強して○○大合格しました」というようなものがありますが、ゼロから勉強をする人は上記の勉強が苦手な人との差を差し引いて読む必要があります。

 ゼロから勉強を始めた人は、周囲の勉強ができなかった人がどんどん伸びていく中で、全然伸びないので「自分は頭が悪いんじゃないだろうか」と思うことがあります。しかし、それは頭が悪いのではなくて、周囲と勉強のステージが違うだけです。このまま勉強を続けていけば、ステップ1の第二段階に上がれますし、さらに勉強を続ければステップ2に上げることも可能です。

 というわけで、ゼロから勉強を始める人は、勉強ができる人より努力をしなければならないのは勿論ですが、勉強ができない人以上に勉強時間を確保する必要があります。
 
 特に英語や国語、数学等の理解型科目は、覚えた知識の活用に慣れが必要なので、一層時間がかかります。これらの科目は勉強の中長期計画を立てる際にできるだけ前倒しにすることが肝心です。  

大学受験勉強法

大学受験メールマガジン

トップページへ
管理人が受かるまで
大学合格体験記
大学受験勉強法
大学受験参考書
大学受験BBS
高認大検合格体験記
高卒認定(高認)とは
高卒認定問題集
高認・大検BBS
合格体験記募集中
リンク集

©2003-2013 大学受験 高校中退から早稲田へ All Rights Reserved.