受験科目には、
「暗記型の科目」(日本史、生物等)と
「理解型の科目」(英語や国語、数学等)の
2種類があります。

知識がゼロでも「暗記型の科目」は、
単純に暗記をしていくだけ良いので、
勉強結果を簡単に得点に結びつけることができます。

一方、入試で合格点を取るために課題となるのは、
「理解型の科目」です。 

理解型科目は
勉強結果を得点に反映するためには、下記2段階を必要です。

・ステップ1:考えるための知識(文法や公式、基本的な問題の解法パターン等)
・ステップ2:覚えた知識をいかに使うか身につける

覚えるだけでなく、慣れが必要なのです。
このため、「暗記型の科目」と比べると、
勉強した結果が得点に反映されるのに時間がかかります。

勉強が得意な人は、ステップ2からスタートしますが、
勉強が苦手な人やゼロから始める人は、
ステップ1からスタートすることになります。

これが、勉強の成果がなかなか出ない原因です。
また、勉強のできる人が
効率的な勉強をやっているように見える原因でもあります。

まだ終わりではありません。

実は、ステップ1も
次のようにさらに2つにわかれるのです。

・第一段階:知識ゼロ 
 私のようにゼロ(無勉)から始める人はここからスタート
・第二段階:整理されていないが知識はある
 勉強の苦手な高校生はここからスタート

第二段階の人は、知識自体はあるので
あとはそれを頭の中で整理するだけです。

でも、知識ゼロの人は
全てを覚えることから始めなければなりません。

このように、一言に勉強の苦手な人といっても、
知識がある人とゼロから勉強始める人で、
大きな差があります。
 
たとえ見かけ上の成績が同じであってもです。

だから、合格体験記等で
「おちこぼれから半年間猛勉強して○○大合格しました」
というようなものがありますが、
ゼロから勉強をする人は「知識がある勉強が苦手な人」との
差を差し引いて読む必要があります。

私のように知識ゼロの状態から始めようという人は、 
もっとハードなんだろうなと厳しめに読んだ方が良いと思います。

ところで、ゼロから勉強を始めた人は、
周囲の勉強ができなかった人が伸びていく中停滞しているので
「自分は頭が悪いんじゃないだろうか」と思うことがあります。

しかし、それは頭が悪いのではなくて、
周囲と勉強のステージが違うだけです。

このまま勉強を続けていけば、
ステップ1の第二段階に上がれますし、
さらにステップ2に上がることも可能です。

大切なのは、
結果が出るまで諦めずにやり続けるということです。
 
というわけで、ゼロから勉強を始める人が計画を立てる場合、
勉強ができる人より努力が必要なのは勿論ですが、
勉強ができない人以上に
勉強時間を確保することを考えなければなりません。

加えて、理解型科目と暗記科目の
特徴を考えて計画を立てる必要があります。 

上に書いたように英語や国語、数学等の理解型科目は、
覚えた知識を得点に結びつけるのに慣れが必要です。
暗記型科目より一層時間がかかるのです。

だから、勉強の中長期計画を立てる際には、
前半に理解型科目を持ってきて、
暗記型科目は後半にすると良いでしょう。